金銭・金融教育
研究校

子どもの成長段階に応じて「お金や物に対する健全な価値観を身につけること」や、「金融や経済の仕組みを学ぶこと」を教育目標として研究に取り組む幼稚園、小学校、中学校、高等学校に対し研究校を委嘱します。

金融教育研究校:
金融・経済に関する正しい知識の習得に力点を置く学校
金銭教育研究校:
金銭や物に対する健全な価値の養成に力点を置く学校
委嘱期間・対象:
原則2年間(1年間のみでも可、年度途中からでも可) 特定の学年、学科、教科に限定して委嘱することもできます。
研究校に対する支援:
講師の派遣
授業で使用する教材・資料の提供
教育研究費の支援(15万円/年、使途の制限あり)
公開授業、講演会の開催サポート
その他:
年度末に、活動内容の報告書をいただきます。

詳細は「金銭・金融教育研究校のしおり」を参照ください。

現在委嘱中の金融・金銭教育研究校

三重県立松阪高等学校 (2020年4月~2021年3月)外部サイトへのリンク

実践のねらい
多様な社会での消費経済における金融教育を通して、自立した消費者・社会人になるための力を培い、さらに、SDGsを踏まえ、世界経済や地球環境への配慮等へ視野を広げ、持続可能な社会への実現を目指す。

過去の金融・金銭教育研究校一覧

これまでの金融・金銭教育研究校の一覧リストです。下のメニューをクリックすると表が展開されます。


お問い合わせ

金融・金銭教育研究校に関するご相談、ご質問などは以下のリンクからお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから